出身学校:お茶の水女子大学
学部:理学部
現在の所属部署:弥生支店
入社年次:2013

個人のお客様への金融商品(株式、投資信託、債券、保険)の提案、新規のお客様の獲得を主にしています。具体的には、訪問やテレコールなどお客様と直接お話しさせていただき、その方に合う提案をさせていただいています。現在、お客様の大切な資産を、預からせていただき、運用のお手伝いをさせてもらえるようになりました。お客様に提案をしていると様々な学びがあり自分自身の成長を感じます。資産運用をおまかせ頂き成長させていただけるお客様との出会いに感謝しています。

なぜ今の会社を選んだのか、入社の決め手を教えてください。

個人の成績が評価され、自分の頑張り次第で、会社からの評価が変わる環境で働いてみたいと思ったのが大きな理由です。私は負けず嫌いなので、同期や先輩と成績を競う良きライバルがいるほうが向いていると思ったのも決め手の一つです。大学時代を東京で過ごしてみて、家族に会えることや、人との繋がりの大切さを深く感じました。そのことを踏まえて、地域に密着した会社で働きたいと思うようになり、Uターン就職を考えました。

Uターンするにあたって就職活動で大変だったことは何ですか?

企業訪問やOB訪問などは基本金沢で行われるのですが、帰省先が七尾なので、金沢まで遠く、移動に時間が掛かる点が大変でした。ですので、そういったイベントは、まとまった期間に一度に行けるように予定を調整していました。電車やバスの本数が東京と比べると少ないので、多少遅延が出ても大丈夫なように余裕をもって行動するということも心掛けていました。また、企業の情報やイベントの情報なども東京ほど多くはなく、なかなか入ってこなかったので、地元に密着した就活情報サイトを活用して就職活動をしていました。

「石川県内での就職」について思ったこと、感じたことを教えて!

仕事上、年配のお客様とお話しをする機会が多いのですが、石川弁での会話に優しさや、温かさなどを感じています。また、そうしたお客様を自分の祖父母や両親と重ねることで、「少しでもお客様の役に立とう」、「地元の方の力になりたい」と仕事に前向きに取り組むことができるので、石川で就職してよかったと思います。親と顔を合わせられる機会というのは、数字に置き換えて考えてみると、100回もないくらいで、限られた回数しかありません。その中で、身内の近くで働けることに喜びを感じています。

この企業を見る

前の先輩

次の先輩