出身学校:石川工業高等専門学校
学部:電子機械工学専攻
現在の所属部署:開発部
入社年次:2016

システムの設計からコーディング、単体・複合テストまで一連の業務を担当しています。分からないところは先輩や上司に相談しながら進めるのですが、自分は人見知りしないポジティブな性格なのですぐに聞くようにしています。完成品のサンプルなどは一応ありますが、なるべく使わずに自分の力で開発することを心がけています。学生時代に電気情報工学、プログラミング、電子回路など、勉強してきたことを活かすことができるのでモチベーション高く仕事ができます。

この仕事をしていて、嬉しかったときや、やりがいを感じる瞬間は、どんなときですか。

金沢エンジニアリングシステムズは系列会社に属していないので大会社とは違った特徴があると思います。事業スピードは速くて円滑に進行し、個人の突飛な意見やアイデアが採用されたりします。自分の意見や提案が受け入れられて、若くして仕事を任せてもらえる環境にあります。その分責任も重たいと感じます。その中で自分の担当しているプロジェクト、お客様からの要望にお応えしたソフトウェアの開発が完成した時はとてもうれしいです。

なぜ今の会社を選んだのか、入社の決め手を教えてください。

2014年9月から3か月ほどインターンシップで金沢エンジニアリングシステムズで働いたのですが、社員のように扱ってくれて仕事を任せてくれたり自分の意見をちゃんと取り扱ってくれたりするようなとても風通しの良い社風に惹かれました。インターンシップで会社の雰囲気を感じ取り、どんな仕事をしているかを理解できるし、その会社が採用したい学生の人物像を知ることもできます。企業もインターンシップで学生を見極めて選考につなげるというケースもあるので、学生の皆さんはインターンシップを是非、体験してほしいですね。

「石川県内での就職」について思ったこと・感じたことを教えて!

就職して社会人になったら、生活サイクルが変わると思います。私の場合はある意味規則正しい生活が送れるようになりました。新社会人は、新しく覚えることも多く、慣れないこともしなければなりません。もし、一人暮らしをしていたら、家事も自分でしなければならず気疲れが多くなると思います。そこで、家族のサポートが大きい意味を持ちます。これがあることで円滑に社会人生活に慣れることができると思います。したがって実家暮らしだと会社を辞めずに長く続けて行けるような気がします。その面では地元である石川県で就職することはとてもメリットがあることだと思います。

この企業を見る

前の先輩

次の先輩

PERSONS