出身学校:金沢大学大学院(富山よりIターン)
学部:自然科学研究科数物化学専攻
現在の所属部署:設計課
入社年次:2010

電線加工機や特注の工業製品など、主に中規模システム品の制御の仕事を行っています。具体的には装置を動かすラダープログラムや、操作するインターフェイスとなるタッチパネルなどのソフトウエア設計とコーディング、そして実際に装置を動かしての調整・動作確認になります。特注品、新規品の制御設計では全体的な動きから信号のON/OFFひとつまで、装置の全体像を常に意識しながらプラグラムを組みます。特注の工業製品ではひとつの装置の制御設計に数ヶ月かかることもあり、比較的長いスパンで仕事をしています。

この仕事をしていて、嬉しかったときや、やりがいを感じる瞬間は、どんなときですか。

設計を進めていく上で、「仕様に無い部分」は各設計者に任されている部分が大きいです。お客様が「使いやすくていい製品だ」と感じるかどうかはその部分にかかっていると感じています。使い勝手が良い製品の設計は、使う人のことをどこまで考えられるか、想定できるか、そしてお客様とのコミュニケーションにかかっています。例えば、作業者が手袋をしている場合、ボタンが小さいと押しにくいのでタッチパネルのボタンのサイズを大きくしたりします。また、お客様の希望納期を意識して進めた仕事に対して感謝されると喜びを感じます。

なぜ今の会社を選んだのか、入社の決め手を教えてください。

大学では物理を専攻してたので、それを直接仕事に活かせる業種や職種はほとんどありませんでした。そんな中、ライオンパワーは研究開発に力を入れていることを知り、大学時代に学んだ問題解決力を活かすことができると考えました。また、会社規模が大きすぎると分業化によって任されるのは一部分だけだったりしますが、この会社だと1からすべて関われると思ったのも理由です。面接で会社訪問した際、会長と社長が気さくに話してくださり、楽しそうな会社の雰囲気と経営者の人柄が伝わってきたのが入社を決意した決め手となりました。

「石川県内での就職」について思ったこと・感じたことを自由にご記入ください。

私は富山県の出身で金沢大学に入学して以来、金沢に住んでいます。私の場合は在学地での就職となりましたが、数年間住んでみてとても過ごしやすいこの石川県で就職したいと考えるようになりました。田舎過ぎず、都会過ぎず、加賀百万石の歴史もあります。ちょっと足を伸ばせば自然を満喫することもできますし、山登りやマラソンといった自分の趣味をするにもよかったです。若い人も多いですし、腰を落ち着けて働くにはピッタリの場所でした。また、金沢はどんどん発展している北陸地区でも1番注目を浴びているので今後も楽しみです。

この企業を見る

次の先輩

前の先輩

PERSONS