出身学校:慶應義塾大学(東京よりUターン)
学部:商学部
現在の所属部署:問屋町支店 法人RM
入社年次:2014

現在は法人RMとして働いています。法人RM(Relationship Manager)とは、金融機関において、法人のお客様との関係をマネジメントする業務を担う者のことです。担当する企業の事業内容を熟知し、金融面でのサポートを行うことだけではなく、企業の課題を発見し、それを解決に導くソリューションの提案を行います。具体的には、お客様に訪問してお話しさせていただき、業況や仕事内容を深堀りしていくなかで、資金のニーズ等を発見し、それに対してどのように解決していくのがベストかを考えて提案を行っていきます。

この仕事をしていて、嬉しかったときや、やりがいを感じる瞬間は、どんなときですか。

法人RMとして、お客様から「田中さんだから」と選んでいただき、ご融資などのご提案を受け入れてもらえたときに、とてもうれしく思います。銀行員は多岐にわたる知識が求められ、日々勉強することがとても重要です。学んだことを活かす機会が多くあるので、以前はできなかったことや考えられなかったことを次のお客様へのご提案に活かすことができた時にも、自分の成長を感じることができ、とてもやりがいを感じます。お客様の事業内容や市場の動向に対する理解を深め、本当に役立つご提案ができるようになりたいです。

なぜ今の会社を選んだのか、入社の決め手を教えてください。

就職活動ではたくさんの企業を見て、たくさんの企業に惹かれる一方で、どの会社でも具体的にその会社で働く自分を想像できませんでした。そのような中で当行を選んだのは、自分を必要としてくれていると強く感じることができ、卒業後働くイメージを持てたことが大きかったです。学生時代にゼミの活動で中小企業を訪問し、課題や目標をヒアリングした経験から、メガバンクよりも地方銀行で中小企業の役に立ちたいという気持ちがありました。海外勤務に興味があり、海外トレーニー制度など研修が充実していたことも決め手の一つです。

「石川県内での就職」について思ったこと・感じたことを自由にご記入ください。

私は東京で大学生活を過ごしていく中で当たり前のように、卒業後も東京に本社を構える企業で働くと思いながら就職活動を行っていました。周囲に石川で就職する友達がいなかったので、石川の企業に関する情報を得ることは難しく、選んだ企業がたまたま石川県の企業だったという感じです。現在は実家暮らしなので生活面がとても楽です。基本的に残業のない仕事なので、毎日定時に帰宅して、自分がやりたい分野の勉強に没頭しています。通勤などのストレスがなく、全力で仕事に取り組むことができるのは、非常に恵まれた環境だと思います。

この企業を見る

次の先輩

前の先輩

PERSONS